TEL:0561-64-3737

医師紹介

院長 遠藤 一夫 医師

ごあいさつ

院長 遠藤 一夫 医師

院長 遠藤 一夫 医師

ながくて西クリニック院長の遠藤一夫です。 当院のホームページにお越しいただき、有難うございます。
当院は平成13年3月の開院以来、内科・小児科一般の診療を行っています。
主な研究テーマは「ニコチンの胃粘膜防御機構に及ぼす影響」で、米国留学中にはこの研究に対して2つの賞を頂きました。また臨床面では内科全般を研修し、特に胃、大腸の内視鏡、X線診断とその治療を専門に行なってきました。苦痛のない内視鏡検査、正確な診断、的確な治療方針の決定をモットーとしております。また、胃・大腸内視鏡日帰り手術を実施しております。今までの研究、診療の豊富な経験をもとに、最新の医療機器を駆使し、科学的根拠にもとづいた正確な診断を行います。診断について十分な説明をし、同意を得て治療をいたします。癌、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の早期発見、早期治療のために全力を注ぎます。
近隣総合病院、大学病院と密接な連携をとり、小児からご年配の方々まで、地域の皆様に親しまれ、信頼していただける医療の提供を目指し、スタッフ一同全力で努力していきたいと思います。
略歴
昭和50年
長野県立松本深志高等学校卒業
昭和57年
名古屋市立大学医学部卒業
昭和57年
名古屋市立大学病院内科
昭和58年
愛知県厚生連知多厚生病院内科
昭和63年
名古屋市立大学病院内科
平成01年
米国カリフォルニア大学
ロサンジェルス校(UCLA)
医学部留学
平成04年
名古屋市立大学病院内科
平成06年
岐阜県立多治見病院消化器科
平成07年
中野胃腸病院内科
平成13年
ながくて西クリニック開設
資格
  • 医学博士
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 介護支援専門員 (ケアマネージャー)
  • 日本外来小児科学会会員
  • アメリカ消化器病学会(AGA)正会員
  • アメリカ消化器内視鏡学会(ASGE) 正会員
Ⅰ.論文:筆頭著者論文のみを掲載
日本語
  1. 遠藤一夫ほか. 大きな潰瘍形成を伴った食道平滑筋腫の1例、
    Gastroenterological Endoscopy 29, 3102-3106, 1987.
  2. 遠藤一夫ほか. 直腸孤立性潰瘍症候群,  日本臨床 別冊領域別症候群シリーズ
    No. 6 消化器症候群, 下巻:599-601, 1994.
  3. 遠藤一夫ほか. 食道びまん性ポーリープを契機に発見され肺癌を合併したCowden病の
    1例、胃と腸 29, 1417-1421, 1994.
  4. 遠藤一夫ほか. 大腸内視鏡で診断した早期回腸癌の1例、
    Gastroenterological Endoscopy 39, 79-83, 1997.
  5. 遠藤一夫ほか. 特発性食道粘膜下血腫の2例、
    Gastroenterological Endoscopy 40, 187-194, 1998.
英語
  1. Endoh K et al. Mechanism of intragastric nicotine protection against ethanol-induced gastric injury. Dig Dis Sci 36: 39-46, 1991. 
  2. Endoh K et al. Mechanism of aggravation of mucosal injury by intravenous nicotine in rat stomach. Am J Physiol 261 (Gastrointest. Liver. Physiol. 24): G1037-G1042, 1991.
  3. Endoh K et al. Intragastric nicotine protects against 40% ethanol-induced gastric mucosal injury despite pretreatment with propranolol or N-ethylmaleimide in rats. Dig Dis Sci 37: 391-396, 1992.
  4. Endoh K et al. Intragastric nicotine protection against 40% ethanol injury in rat stomach -- Role of ganglionic stimulation or blockade. Dig Dis Sci 37: 1840-1846, 1992.
  5. Endoh K et al. Mechanism of gastric hyperemia induced by intragastric hypertonic saline in rats. Gastroenterology 104: 114-121, 1993.
  6. Endoh K et al. Mechanism of intragastric tetramethylammonium protection against 40% ethanol-induced injury in rat stomach. Dig Dis Sci 38: 708-712, 1993.
  7. Endoh K et al. Involvement of α2-adrenoceptors in mechanism of intragastric nicotine protection against ethanol injury in rat stomach. Dig Dis Sci 38: 713-721, 1993.
  8. Endoh K et al. Effects of smoking and nicotine on the gastric mucosa: A review of clinical and experimental evidence. Gastroenterology 107:864-878, 1994.
  9. Endoh K et al. Smoking and the gastric mucosa: Some additional data. Gastroenterology 108: 1329-1330, 1995.
Ⅱ.受賞
1990年
Postdoctoral Trainee Award from the Western Section of American Federation Clinical Research (AFCR) and Western Society for Clinical Investigation (WSCI) 
1990年
Postdoctoral Fellowship Award of UCLA (University of California, Los Angeles) Tobacco-Related Disease Research Program (#FT-37, Title of the Project: Acute and Chronic Nicotine Treatment on Gastric Ulceration. 賞金額 $ 70,000)
趣味

クラシック音楽鑑賞(モーツァルト中心)、読書、古書蒐集、考古学、形質人類学

遠藤 正嗣 医師

略歴
平成16年
私立灘高等学校卒業
平成22年
京都大学医学部医学科卒業
平成22年
市立堺病院
(現・堺市立総合医療センター)
平成24年
大阪赤十字病院消化器内科
平成27年
名古屋市立西部医療センター
消化器内科
平成29年
ながくて西クリニック
資格
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 緩和ケア研修会修了
  • 日本肝臓学会会員